プチマレンギの使い方|乾燥食品・ドライフルーツを作るなら家庭用食品乾燥機「プチマレンギ」

プチマレンギの使い方

プチマレンギの使い方

簡単!手作り乾燥食品~家庭用食品乾燥機「プチマレンギ」~

大阪市淀川区の東明テックがお送りする家庭用食品乾燥機「プチマレンギ」なら、乾燥食品を好きな時に好きなだけ手軽にお作りいただけます。業務用食品乾燥機にも使われる循環式温風乾燥を家庭用にコンパクトにまとめたプチマレンギが、あなたの食生活を華やかに彩ります。

プチマレンギの使い方について

食材をカットしてトレーに並べ、あとはスイッチを入れるだけで、簡単に乾燥食品が作れます。

ご使用前の準備と注意点

乾燥させる野菜・フルーツなど、必要に応じて皮をむき、適当なサイズにカットしてトレーに均等な感覚で並べます。

固形食材 水分が多めの食材 ヨーグルト
トレー付属のネットに、食材が重ならないよう並べてください。 ピューレなどの場合は、付属の透明プラスチックトレーをご利用ください。 付属のヨーグルト容器をお使いください。
固形食材
トレー付属のネットに、食材が重ならないよう並べてください。
水分が多めの食材
ピューレなどの場合は、付属の透明プラスチックトレーをご利用ください。
ヨーグルト
付属のヨーグルト容器をお使いください。
乾燥時間について

食品の厚さ・水分含有量・周辺環境(気候・温度・湿度)によって、乾燥時間が異なることがあります。乾燥温度は35~70℃、タイマーは1~99時間の間で設定していただけます。食材ごとのおオススメ乾燥時間・温度の目安は取扱説明書に記載していますので、ご使用時にご参照ください。

作動中のご注意
プチマレンギ最上段のフタ中央には、排出口を兼ねた吸入口があります。センサーの自動制御で冷たい風が出ることがありますが、異常ではありませんのでご安心ください。
水分が多い食材の乾燥時には、フタの下段部に水滴がたまることがございます。これは、材料の水分による水蒸気です。水滴が多い場合は、乾いたフキンなどでフタに付着した水滴を拭いていただくと、より乾燥が早くなります。
タイマー設定について

設定時間が終了すると、LEDウィンドウに「END」と表示され、運転が停止します。

プチマレンギで作った乾燥食品の保管

出来上がった乾燥食品は、清潔で密閉できる容器に入れて保管してください。湿気のある場所に保管すると、カビが発生するなど乾燥物の品質が低下しますので、冷暗所など涼しく乾燥した場所に保管してください。

日付を記載できるジッパー付きの袋や、熱でシールするパックなどに入れるのがおオススメです。
食品はできるだけいっぱい詰め込み、虫などの侵入を防ぐためしっかりと封をし、光が入らない金属製のカンや、ガラス製の密閉容器などへ入れて保管しましょう。
密封して冷凍庫・冷蔵庫への保管がベストです。

肉・魚・ジャーキー類などは、1~2か月以内に食べきりましょう。乾燥野菜は1年以上の保管はお控えください。また、保管しても定期的に異常がないかご確認ください。カビが発生した乾燥食品は処分するようにしてください。

プチマレンギを使わない間は

お手入れ・保管方法
ご使用後には、トレーとフタ、専用容器を食器用洗剤でやさしく洗ってください。食器洗浄機は、変形・歪みの原因となりますのでご使用にならないでください。
本体の主要電機部品(ヒーター・モーター部)は、水滴や食品の欠片、異物が入らないようきれいに掃除してください。本体部分に水気は厳禁ですので、決して水洗いはせず、乾いたスポンジやフキンで汚れを拭いてください。
本体に水分が付かないよう気をつけてください。トレーの水分をしっかり拭きとり、乾燥を確認してから本体に設置し、安定した場所に保管してください。
フィルターの交換

清浄な空気を循環させるため、フィルターは稼働900時間(毎日10時間使用で約3か月)を超えたら交換してください。交換用フィルターは当社ショッピングサイトで販売しております。送料無料でお届けしますので、お気軽にお買い求めください。

プチマレンギを使った乾燥食品をご紹介 プチマレンギはこんな人にオススメ!ページタイトル案:プチマレンギならこんなものが作れます!

乾燥の様子を低速撮影した動画はこちら 動画コンテンツ

相談依頼・お問い合わせ

MENU

このページの先頭へ このページの先頭へ